サブマリナーは160km/hの夢を見るか

野球やらアニメやらについて語ります

TFW構築記事〜ダブルバトルとは何だったのか〜

朝でも夜でもおはようございます?

 

お久しぶりです、みやび。です。

 

今回はグレンニキ主催のポケモンTFW大会に参加しましたので、その構築記事となります。

 

そもそもTFとはなんぞやって方が大勢居ると思いますのでざっくり説明すると、「合計種族値445以下のポケモンのみの大会」で、今回はそのダブルバトル編になります。

 

そもそも自分がダブルとかほぼわからないので、シングルで使ってたTFのポケモン達に、適当に守ると使えそうな技を突っ込んで持って行きました。

 

早速パーティ紹介を

 

ペラップ(NNイキリオタク)

@光の粉 臆病CSぶっぱ

ハイパーボイス/追い風/熱風/守る

 

先発、中盤サポート+全体サブアタッカー。

後述のペリッパーで雨を降らせて、こいつで追い風、ビビヨンが暴風連打で勝つって展開をやりたくて入れました。

光の粉の魔力により、熱風を2回ほど避けるなど、イキリオタク(最近聞かなくなった気がする)の名に恥じない現場に残り続けるメンタルを発揮し、ハイパーボイスで残りHPの少ないポケモンを処理したりと、想定通りの展開とはいかなかったものの、サポート、アタッカーとして活躍してくれました。

 

ビビヨン(NNビビヨン)

@タスキ 臆病CSぶっぱ

暴風/虫のさざめき/蝶の舞/眠り粉

 

今パーティのエースでありMVP。

想定してた動きは、前述のペラップ、後述のペリッパーのサポートを受けて暴風を打つマシーンでしたが、実際は眠り粉をアンコールされて、一生粉打ちマンと化したりしましたが、粉で相手の動きを制限しつつ、暴風、さざめきで上手く削りを入れ、泥仕合も眠り粉という†暴力†で身動き取れないうちに殴り倒すという試合を演出したりと、シングル流用でもダブルは戦えるのではないかと甘い考えにさせてくれるポケモンでした。

 

ペリッパー(NNトロイヤード)

@湿った岩 臆病CSぶっぱ

熱湯/守る/暴風/とんぼ返り

 

今パーティの過労死枠。

前述のビビヨンも、後述のロトムハリーセンもこいつがいないと働けないので、とりあえずパーティにぶち込んどくみたいな感じで使いました。

雨ふらしで自分の火力も上がり、元の火力もそこそこあるので、サポートだけでなくアタッカーとしても活躍し、相手も放置できないので守るで相手の行動を無効にしたりとパーティの潤滑油として素晴らしい働きをしてくれました。

NNはアルドノアゼロのアレ

 

ハリーセン(NN Dice-K)@毒Z

寂しがりAぶっぱS雨時スカーフなんか(確かオオスバメ)抜き残りH

アクアブレイク/地獄突き/毒突き/道連れ

 

今パーティのエースその2

元々普通のダブルでも雨パ強いしこっちも強いやろ!って言ってとりあえずシングル個体にZ持たせて突っ込んだのがこいつ。

2試合出したかけど、1試合目は何のいいところもなく即落ちし、2試合目はイーブイバトンからハイボ連打してくるタブンネを道連れで処理するという、芸人みたいな動きをしてました。でもこいつがいなかったらあのままタブンネに壊滅させられてたので本当に入れてて良かった。

見せポケとしても優秀で、雨を警戒させつつ追い風サポートで他のポケモンを活躍させたりと出さなくても圧力になるので、入れてて良かった1匹です。あと道連れを守るとかに変えなくて良かった。思い出させるの面倒とか思った俺を褒めて欲しい。

NNは松坂大輔レッドソックス時代のNNから

 

ノーマルロトム(NNひゃっきへい)

@スカーフ 臆病CぶっぱS最速オオスバメ抜き残りH

ボルトチェンジ/雷/シャドーボール/めざパ草

 

とりあえず突っ込んどけ高速電気タイプ枠。

基本的に自分が上から殴ってく戦い方が好きなので上から殴れて範囲が広くて、そこそこ高火力が出せるロトムを採用。(TFの電気枠はこいつとエレキテルしかいないのもあった)

他がタイプが偏りすぎていたため、とりあえず先発とか、耐久はないけど受け要員として割と使ってたイメージがあります。

シャドボ2発で相手のロトムとピカ様を葬った時はまさに伝説の百騎兵の後ろ姿と重なりました。

NNはゲーム「魔女と百騎兵」から

 

ホルード(NNおかわりくん)

@ラムの実 意地っ張りASぶっぱ

地震/とんぼ返り/守る/はたき落とす

 

とりあえず地面枠+物理枠欲しいなぁと思って採用したものの、選出0で、途中グレンニキ戦が放送されたため、パーティ変えようと思い立ち、こいつだけ変えられるという不遇な枠。

他のポケモンはほぼ浮いてたので地震延々打つマシーンとして使っても良かったとは思うけど、相手もペリッパーやらモンジャラやらハリーセンやらが多く、タイプ相性的に出してやれませんでした。

 

カクレオン(NNカクレオン)

@オボンの実 意地っ張りHAぶっぱ

雷パンチ/守る/不意打ち/影撃ち

 

今パーティのマスコット+特殊受け+物理アタッカーとして途中から左上に君臨。

特殊なら大抵何を食らっても確定2発以上の耐久と、全ての技が一致技になる特性の変幻自在により、広範囲に高威力の技を打つことができ、低いSも影撃ち不意打ちの先制技で対処可能と、全体的に上から殴って戦うパーティでの、トリル対策的なポジションになり、ラスト2戦のところでパーティに入り、2戦選出し、雷パンチでトリル下のペリッパーを粉砕したり、不意打ちでロトムをなぎ倒したりと両試合とも最後までフィールドに立ち続けました。

流石、相棒は違うぜ…。

 

こんな感じのパーティで、参戦しまして、参加した皆様も初めてのことで、手探りでやっていった中、ほぼシングル個体流用で4勝1敗の2位という結果になりました。

 

前回のTFシングルは魔王まぐなむさんが全勝優勝で唯一の負けがまぐなむさんの3位。

 

今回のTFダブルは、主催のグレンニキが全勝優勝で唯一の敗北がこちらもグレンニキと、2大会連続で全勝優勝マンに負けているので、次回何かしらの大会があったら優勝目指して頑張りたいと思います。

 

大会でも、TF興味あるでも大歓迎ですので、そのような方は是非是非言っていただけると喜びます。

 

お前が大会主催しろって?

会社辞めたら主催しますのでよろしくお願いします!!!!!

 

最後に、TFW参加者の皆様、主催のグレンさん、ありがとうございました。

また大会やる時は呼んでください!

 

みやび的今期のアニメランキング

朝でも夜でもおはようございます?

 

お久しぶりです、みやびです。

 

ついに社会人になってしまってから3ヶ月が経ちました。

 

10代に戻りたいです。

 

とりあえず今期僕が見て来たアニメを勝手に批評していきます。

 

まず5位から。

「オタクに恋は難しい」

 

The 日常系。

幼馴染も小学生の時に仲の良かった女子と一緒にゲームをした思い出も皆無なので地味にメンタルを破壊されていきましたがそこまで恋愛モノってよりはオタク隠してましたサークルあるあるみたいな感じかなぁと。

大学野球部の時も同期とアニメやゲームの話をよくしたり後輩から蒼の彼方のフォーリズムの良さについて力説されたりしたので隠れオタクはやっぱり多いのではないでしょうかね?そういえばフォーリズムの会社が倒産だか破産だか停止だからしいですが、続編を待つ後輩は息をしてるのでしょうかというのはまた別の話で。

作品としてはOPが映像的にもすごい好きでした。

 

では次4位

鬼灯の冷徹

 

これも安定してましたね。

OPは前期の方が好きだったけどEDはこっちの方が好き。

たまに飛び飛びになる事があったので1話完結は凄いありがたかったですね。

あとサントラ欲しいレベルで音源が好き。

 

次は3位

こみっくがーるず

 

今期のきらら枠。

これも特に語ることは無いですが普通にゆるゆると日常してて好き。

そういやOPできららジャンプしてなくない?

 

それじゃ2位

BEATLESS

 

前クールからの継続。ちなぼくは18話放送くらいからアマゾンプライムで一気見して最終2週間だけリアタイしました。

個人的には設定が凄い好き+ちゃんと戦闘する+キャラが可愛いのがポイントが高いですね。

今クールでの放送で一旦終わりで残りの4話を9月放送らしいので早く9月にならないかなぁと思ってます。

紅華ほんとすき。

 

それでは1位

ダーリンインザフランキス

 

超展開とか勢いが落ちたとかぶっ飛びすぎとかなんやかんや言われてるし最終回まだだけど優勝。これを楽しみに仕事を毎週耐えたと言っても過言ではない。

とりあえず前クールのEDがトリカゴだった時が一番いいのはとてもわかる。

それでも、前クールで主人公たちと違うものだと思われていたゼロツーが、違うものでありながらみんなの中の一部、私たちの仲間となっていく様子、また、主人公のことが好きだからこそ…の部分とそれを一緒に乗り越えていこうとする主人公の姿が本当に好き。

とりあえず最近の中で一番好きなアニメです。

 

最後に殿堂入り

シュタインズゲートゼロ

 

ダリフラは個人的には最強だと思ってる。でもこれは卑怯。

シュタゲは次クールもあるけどダリフラは今期で終わりなのでこいつは先行対象外の殿堂入りという扱いにします。

ゲームの方やったことないけど色々とすげえなぁって感じますね。

 

次クールの覇権予想はシュタゲ、時点でISLANDだと思ってます。

 

それではまたそのうち。

 

 

ポケモンの今期のパーティ紹介〜何期かわからん〜

 

朝でも夜でもおはようございます?

 

動画投稿者になりました。みやびです。

 

今回はUSMのレートで使用したパーティの紹介をしていきます。

f:id:miyabi2085:20180122020921j:image

ちな最高レートはこれマイナス1負なので1750行ってないくらいですかね。

 

久々に1700乗りました。

 

ではパーティ紹介を。

 

バンギラス@食べ残し HDぶっぱ

 

守る 毒毒 地震 岩雪崩

 

今回は受けループ寄りのサイクルパで主軸がバンギムドーでした。割とよく見る天候パ、トリパに守るで時間稼ぎができ、トリルの始動役であるポリ2に毒を叩き込め、完全耐久型のバンギは今は珍しいので、意表がつけました。あとはアーゴヨン、拘りが多いテテフ、コケコ、水以外のロトム等に刺さります。この辺のは弱点突かれても砂残飯込みで確定2〜3以上にダメージが抑えられるので強気に受け出せました。

但し、テッカグヤ等の鋼に役割が持てないので、攻撃技を文字に変えようかなぁとも考えてます。

 

エアームド@ゴツメ HBぶっぱ

 

ステロ アイヘ 羽休め 鉄壁

 

バンギムドーの片割れの物理受け担当。

環境にメガメタグロス、霊獣ランド、ミミッキュが多く、そいつらに対して後出しから羽休め連打で回復が追いつき、急所がなければ鉄壁で相手が積んで来ても完璧に受け切れるすごい奴。あとブルルドイデの並びにもドヒドイデの毒無効+ブルルのメインウェポンが半減以下+アイヘが抜群と強いですね。メガバシャーモに対しては、鉄壁を1回積んだ状態で対面できれば羽休めでの回復が追いつきます。舞われたら無理です。

 

霊獣ランドロス@スカーフ ASぶっぱ

 

地震 岩石封じ とんぼ返り はたき落とす

 

今レートのKP上位の一角。バンギランドの並びもつよい。最近では、襷、チョッキ、ゴツメなんかが多いイメージのランドですが、このパーティではスカーフ運用。基本様子見の初手で投げて上から蜻蛉で受けに引いていき、フィニッシャーとして最後に出したり、威嚇を入れてムドーの受け性能を上げたり、嫌な持ち物をはたき落としたり、カバの欠伸ループを抜けたり岩封連打で基本的に遅い後続を上から殴れるようにしたりとパーティの潤滑油としての役割を上手くやってくれました。流石はKP上位。

 

カプ・コケコ@電気Z CSぶっぱ

 

10万 ボルチェン 電光石火 マジシャ

 

特に言うべきことはないテンプレのコケコ。ちょっと違うところは電光石火持ちです。草結びやめざ氷等の範囲を取らずに、コケコミラーや削ったフェローチェなどに対して優先度の暴力で上から処理していきます。特に初手コケコ同士で不毛な同速ゲーになる時が多く、基本こちらはボルチェンで下がるのですが、相手は突っ張ってくる事が多く、終盤に削れたコケコ同士のミラーの時に電光石火が活きたりしました。あとはミリ耐えの加速奴竜舞奴。

 

フェローチェ@球 ASぶっぱ

 

蜻蛉 飛び膝 毒づき 冷B

 

シーズン終盤で急遽投入したポケモン。それまではメガギャラでした。優先度の壁とスカーフさえ無ければ基本上から高火力技を押し付けられるのが強み。あとはマルチロールアタッカーと格闘が欲しかったのとパーティに薄いナットレイ、テテフ対策が採用理由。あまり使用感は良くなかったものの、見せ合いでの選出誘導の役割は充分してくれたのかなぁと。変えたところってすぐ使いたくなる癖で多少強引な選出が仇となったか。

 

ヌメルゴン@チョッキ HCぶっぱ

 

大文字 竜の波動 冷凍B ヘドロウェーブ

 

特殊受けその2+対霊獣ボルトロス+対ナット、テッカグヤ枠。なんと言っても特殊受けとして優秀であり、霊獣ボルトロス、メガリザードンを後出しからほとんどの技を受けられると言う点が魅力。メイン特殊受けのバンギは格闘4倍と気合玉Z等で役割が持てない特殊に出していく。結局どちらもテテフのムンフォが弱点なのがちょっと辛い。特性草食により、眠り粉を撒いてくる連中に強かったり、ナットレイテッカグヤの宿り木読みで後出ししたりと特に活躍してくれました。火力はお察し。あと、ヒードランに打点が全くないので、気合玉の採用も考えたいですね。

 

以上のパーティと、先日出した動画で使用した雨パを中心に今期は戦いました。

 

http://www.nicovideo.jp/watch/sm32531438?nicorepotwitter_upload_video

 

↑動画です。よろしくお願いします(露骨な宣伝)

 

来季はまた別のパーティと、今季使用したパーティをまた改良して持って活きたいと思います。

 

ここまで見てくださった方、ありがとうございます。

 

 

ファッションに興味のない俺氏の「ランウェイで笑って」感想

 

まず最初に一言、とんでもないものに出会ってしまった。

 

どうも朝でも夜でもおはようございます?みやびです。

 

今回は「ランウェイで笑って」という猪ノ谷言葉さんの作品を現行出てる1.2巻読み終わったんでネタバレにならない程度に感想を。

 

「ランウェイで笑って」とは、「パリ・コレ」を目指すヒロイン藤戸千雪と、ファッションデザイナーを目指す主人公都村育人の物語です。W主人公ですね。

 

ヒロインの千雪ちゃんは、モデルとしては158cmと「175cmないと厳しい」と言われてる業界では絶望的な身長。

 

主人公の育人くんは、「最低でも専門、大学卒」じゃないと厳しいファッションデザイナーを目指す。

 

その2人が「常識」に立ち向かい、最高の舞台である「パリ・コレ」を目指すのが主題である本作、友人が「これおもしれぇ」と言ってたので取り敢えず買って、発車待ちの電車内で読み始めました。

 

まず、千雪ちゃんの力強さに惹かれていきます。容姿端麗で足りないものは身長だけ(一般的に158って多少低いくらいよなぁとは思いつつ)で、その身長だけで夢を諦めなくてはならない業界の厳しさ、それに負けない千雪ちゃんの強さ。

 

そして、その強さに引っ張られていく育人くんも、また自らの強さを出していきます。

 

それまでの過程が全て発揮された2巻の後半の1ページは、今年度僕が経験したどのシーンよりも素晴らしいものでした。

 

はっきりいってここが書きたかっただけでこれ書いてます。ここからは蛇足とこじつけなので切って大丈夫です。

 

で、僕が好きなゲームがあるんですよ、ご存知の通り「アイドルマスター」って言うんですけど。

 

その「アイマス」でも、歌や踊りライブへの過程をアニメで描かれ、アイドル達、またプロデューサーの成長を描いていくわけですが、基本的にはダンスであったり歌であったり、他事務所との確執であったり、キャラ毎の成長イベント、身内でのライバル争いなどが話の中心になってくるわけです。

 

それに対しこの作品で中心要素となってくるファッションについてはそこまで触れられては無いんですよね。

 

アイドルのライブでは歌やダンス、そしてそれを彩るライトやドレスが大きな要素となるはずなのに、あまり触れられてこなかったところ。

 

そのドレスを魅せることを中心に描くこの作品を読んで、どんな思いでこの衣装になったのかって事を考えるきっかけになるのかなぁと。

 

服の為にモデルが存在するといっても過言ではないモデル業界。

 

それに対して自分の個性を演出してくれるのが日常生活の服。アイドルもこちら側でしょう。

 

しかし、根本的には、「衣装」というアートは、モード、流行を経て一つのスタイルとして一般に根付く事を考えると、結局は着る人のために落ち着くのかなぁと思います。

 

もちろん、アートとして完結させる作品も多々ありますが。ウチの卒業制作でもどうやってもドレスパーティみたいなところでも3Dプリンターで出力した素材をあしらったという仕様上、耐久的問題で着ていけないようなドレス作ってる人いましたし。個人的にはそのドレスすげぇ良かったと思います。同じ大学の人伝わってくれ。

 

そんな、アートがデザインに変化し、テンプレートに収まっていく業界、主人公達が描く物語で着てた服を、将来女性の方は着れるかもしれない事を考えると、「服の為のモデル」「モデルの為の服」という両立し難いテーマを両立させることが、この業界の永遠のテーマなのではないでしょうか。

 

そんな業界に挑戦していく2人を描いたこの作品をこれから楽しみに生きていきたいと思います。

 

なお、俺氏は服を考えるのが面倒なので、基本スーツが楽で良いんですが、就職先がクリエイター系(クリエイターするとは言ってない)なので、私服を考えるのが面倒なので、一年通してオフィスカジュアルを通したいと思います。

 

だれか誕生日が12/8だったので、なもりさんがイラストを描いてる「脱オタクファッションバイブル」を誕生日プレゼントとしてください。

 

1月遅れとか気にしませんので。よろしくお願いします。

 

 

聖來さんドリフとポケモンレート〜ちひろ様の御慈悲に感謝を〜

 

 

朝でも夜でもおはようございます?

 

ブログでは2ヶ月ぶりです、みやびです。

 

今回は、担当アイドルである水木聖來さんのドリームマッチフェスティバル(で良かったよね?)というイベントを走ったので、それについてと、ポケモンのウルトラサンムーン前最後のレート期間だったので、それについてのパーティ構築について書いていこうと思います。

 

先にドリフの事を書いていくので、ポケモンの方を見たい方は、飛ばしてください。

 

まず、発表時。

f:id:miyabi2085:20171110033508p:image

 

もうね、素晴らしいですよね。

 

毎回毎回特訓前の聖來さんにやられますけど、今回のはまた毛色が違う。

 

オフショットですよ。オフショット。

 

特訓前っていつも舞台裏みたいなのを描くじゃないですか、ステージの上以外の姿を。

 

でもそれはPがいつも正面にいる絵面で、聖來さんの感謝や決意、日常の一コマを時に他のアイドルや、わんこと描かれてるんですけど、今回は、聖來さん単体で、しかもPの目すら気づいてなかった、「あっ、Pさんじゃん」って台詞が聞こえてくるような絵面ですよね。

 

こっからは説明できるような語彙力がないので本当に素晴らしい、運営さんありがとうございましたとだけ言っておきます。

 

そんな感じで、自分含め聖來さんPは開幕前から狂喜乱舞、自分の所属している聖來さんの嫁プロ(担当Pが集まるプロダクション)でも大賑わい、ドリフが始まる前から新しいメンバーが日に日に追加され、ドリフが始まってからも移籍される方も居て、基本入社されるときの挨拶くらいしか掲示板も動かない(俺氏が見てないだけかもしれないけど)んですけど、この時はめちゃくちゃ動いて本当にお祭りの期間でした。

 

で、肝心の初日に向けて、「そろそろイベント走りたいなぁ」なんて思いながら前のイベントをそこそこ動かしてたくらいで、戦力も20コス以上の特訓後が1人も居ない状態で、聖來イベ発表から焦りながら残存ドリンクをぶっぱしてメダルSRの沙里奈さん(この人と聖來さんでデュオのユニット組んでるのでこの人も注目してみてください)を狙ったものの獲得ならず。

 

仕方なく特訓後の沙里奈さん含めてフリトレで戦力を強化。

 

そして、ガチャの目玉SRは特攻がかかるので、それとおまけのドリンクを求めてガチャを1万くらい回しました。

f:id:miyabi2085:20171110035005p:image

 f:id:miyabi2085:20171110035042p:image

 

この中で、もともと居たのは特訓前のSRの聖來さん達と、特訓後のSR聖來さん、バックメンバーの特攻持ちじゃない子が半分くらいとフロントの社長が特訓前で居たくらいですね。

 

殆ど特訓前の子をフリトレでもう一人お迎えしたり、走ってる途中で運良くガチャでお迎えして、もう一人フリトレで連れてきて特訓したり、フリトレで連れてきたりって感じですね。

 

リーダーがシンデレラガールのしぶりんなのは、特訓後、特技11をフリトレで運良くお迎えできたので、そのままリーダーにして、全体強化をお願いしました。

 

他の子は特技7(特攻持ち小日向ちゃん、聖來さん、わかるわさん)が同率2位でした。

 

そして、過去のボーダーを見るとだいたい2500万くらいあれば1枚取れそう(2000位)という事で、自分は、なんとか聖來Pとして3桁順位を取りたいと思ったので、それを狙うと3000万くらい取れば良さそうなので、それのちょっと上、8日間の期間で3000万を適当に割って1日400万で3200ポイントを目標に走ることにしました。

 

で、ミニチームは、所属する聖來プロの代表率いるチームで、最終結果は全体12位のチーム、獲得ポイントは4.2億と完全に足を引っ張ってしまいました。本当に申し訳ない。

 

その強力ミニチームの協力もあり、フィーバータイム時でAP3消費で8000ポイント前後、フィーバータイム外では5〜6000ポイントを獲得でき、ユニット勝利が3位以上ならボーナスが取れるので、それらをうまく活用して走っていきました。

 

今回、終盤にようやく気づいたのですが、戦力が整ってる人の2回のアピール≧自分の3回のアピールなので、大人数がアピールを行うときにコンボボーナスの乗った、プロダクションメンバー呼び出しで上手く3位を取るか、逆に過疎ってるライブで他の人が追いつかないくらいアピールをするかがポイントを確保する肝だと感じました。

 

それか当たり前ですが圧倒的に戦力を揃えて他の人と同等以上の戦力にするかですね。

 

後、獲得ポイントが一気に落ちますが、フィーバータイム外ではMVPが取りやすく、通称スタ走りという、イベントお仕事をこなしてランダムでちひろ様からAP1/6を回復していただけるので、それをやっても楽にMVPや一人でユニットを頭から倒しきる事ができました。

 

また、朝や昼の時間帯のフィーバータイムは、比較的に人が少なかったため、安定して1ユニットに対して数回アピールを行うことができました。

 

最初の方からこれに気づけば、もうちょい上の順位に行けたのかなぁと思います。

 

また、今回のMVPは、なんといっても「ちひろ様」です。

 

スタミナドリンクを使ってイベントお仕事を行い、現在あるスタミナ240で体感のAP回復の期待値が1.2程度でした。

 

この回復の際に、「ありがとうございますちひろ様」と宗教のように声に出して言ったところ、回復の期待値が上がったような気がします。

 

回復の後に回復も珍しくなく、5連回復なんてことも数回起きました。

 

そして、回復が来なくても、ちひろ様に感謝の意を持つことにより、「ちひろ様も忙しく大変なので仕方ながない」という気持ちで、ストレスなくこの作業を行うことができます。

 

ぜひイベントを走る方は、ちひろ様に感謝の気持ちを持って走ってみてください。

 

f:id:miyabi2085:20171110041850p:image

f:id:miyabi2085:20171110041906p:image

f:id:miyabi2085:20171110041949p:image

f:id:miyabi2085:20171110042048p:image

f:id:miyabi2085:20171110042105p:image  

f:id:miyabi2085:20171110042201p:image

これらが今回イベント中にガチャチケ、パーチケ、で獲得したアイドル達です(上二枚はS確定とイベント10パー確定をイベント後に回したもの)

 

スクショし忘れたアイドルもそこそこいるのでちひろ様への感謝を忘れない事により、このように 沢山の御慈悲がいただけます。

 

さぁ、貴方もちひろ様に感謝して御慈悲をいただこう!

 

さて、こんな感じで8日間走り、基本自分の設定したボーダー+スタ走り、ミニチが強いので頑張って走ろうとした結果…

 

f:id:miyabi2085:20171110042621p:image

 

ミニチームの獲得ポイントの10パーセントも満たないと完全お荷物でしたが、なんとか3桁順位を獲得し、ミニチームの報酬と合わせて聖來さんを2枚取りすることができました。

 

使った金額は、1万CCのを5回分購入し、1万〜1.5万をガチャ、残りがAPドリンクです。

 

使ったスタドリはハーフが開幕前600あったの+メダルガチャ獲得、ログボ、ガチャのおまけ分が全部と、フルが開幕前150本+お仕事のクリア報酬+ガチャの引換券分、エナドリはハーフが開幕前350本+メダルガチャ、ガチャ、ログボ分、フルが開幕前150本+お仕事報酬で残りが現在30本くらいだったかなぁと思います。

 

APは1/6が開幕前300+メダル交換+ガチャのおまけ+メダルガチャ+ガチャチケのおまけ。フルが開幕前12+メダル交換+課金+ガチャのおまけです。

 

フルAPがガチャのおまけルーレット60本来て、ついでに特攻持ちSRが来たので、ガチャの引きはこれ以上なく良かったと思います。

 

足りなかったのは資金と元の戦力と貯蓄です。

頑張ってこっから貯蓄したいと思います。

 

ついでに、今回は知り合いの人と同じチームで前半戦い、一回負けて後半もまた別の知り合いの人と同じチームで戦ったので、単純にポイントを取る以外の楽しみもありました。

 

とりあえず、これからも聖來さんのプロデュースを頑張りたいと思います。(強引に締める)

 

 

ながくなりましたが、ここからポケモンの方に行きます。

 

今回のパーティは「アブレオン構築再び〜逆襲のサンムーン」と題して、アブソルとカクレオンを軸にしたパーティを作ってレートをして行きました。

 

まずはパーティ紹介

 

アブソル@メガ石→タスキ

 

陽気Sガブ抜き調整 Hぶっぱ残りB

→陽気ASぶっぱ

 

剣の舞 はたき落とす じゃれつく 不意打ち

 

不意打ち はたき落とす じゃれつく 馬鹿力

 

相棒枠。最近変えたけどツイッターのアイコンにずっと君臨してる。

最初メガだったのは、いつものアブレオン構築の名残。そもそもアブレオン構築とは、特防に優れるカクレオンのゴミカスな物理耐久を無理矢理Bに厚く降ったアブソルで受けながらなんやかんやしようというパーティであり、はっきり言って使いたいからこいつらを使うのレベルに無理矢理意味を持たせただけである。

しかし、後述のメガハッサムとの同時選出が難しいため、XYで国際孵化した色アブソルをいつものようにタスキ運用した。

襷アブソルは、なんといってもギルガルドに強いです。不意打ち連打してればキンシの攻撃ダウンを失敗により引かないし、不意打ち連打してればかげうちより先に殴れるし。

それキリキザンで良くねとかいう声は聞こえません。

普通に襷で先制持ちというのが、相手のストッパー、ラス1対面で安心感があるため、多少の火力の不安は置いといても強かったです。

 

カプ・コケコ@電気Z

せっかちASぶっぱ

 

ワイルドボルト 雷  蜻蛉返り ブレイブバード

 

パーティの電気枠。特殊が多い中、Aの方が高く、また、パーティに刺さってる草タイプ等にブレバが刺さる。雷採用によって、受けループに対して、どちらの受けに対しても役割を持て、また、外しの恐怖と戦う事になるが、反動を恐れず攻撃でき、特殊型だと思わせ、本命のワイボで意表をつけ、フィールドで威力が1.5倍になるので、振らなくても威力はそこそこ出る。

 

ウインディ@ゴツメ

臆病HB

 

火炎放射 バークアウト 朝の日差し 鬼火

 

パーティの物理受け担当。威嚇で攻撃を下げ、鬼火で攻撃を下げ、特殊相手にはバークアウトでどうにかする。メインウェポンはゴツメ。

火力がない上にメジャーなタイプに抜群を取られるため、耐久合戦で負けるのはご愛嬌。あとバシャにも勝てない。「強い奴には強い」の典型例。あとパーティの貴重な炎枠。

 

ユクシー@食べ残し

穏やかHBぶっぱ

 

瞑想 ギガドレイン サイコショック 欠伸

 

パーティの物理兼特殊受け兼積みエース。

火力を出すまでに時間がかかるが、起点から積みを許してしまえば持ち前の耐久と、残飯、ギガドレの回復で苦手なタイプを倒すこともできる。ただし、ミミッキュ 等の物理は勘弁。物理は弱点じゃなければ相当耐える。性格と振り方があってないのは5Vだから許して。

 

ハッサム@メガ

意地っ張りHAぶっぱ

 

バレットパンチ 羽休め 蜻蛉帰り 剣の舞

 

パーティの積みエース。起点作りをできるポケモンは居ないので初手に投げて羽剣舞をしていくか後半のバレパンで殴っていくかみたいな立ち回り。普通に強い。某己に打ち克つ日刊最強の実況者が1番信頼してると言うだけはあるポケモン。 

 

 

カクレオン@チョッキ

意地っ張りHAぶっぱ

 

かげうち 不意打ち 空元気 グロウパンチ

 

このパーティのマスコット。マスコットながらゲッコウガと同じ変幻自在という特性を持ち、また、先制技に技を無効にタイプがあり、しかも認知度の低いマイナーポケモンであるため、ノーマルタイプと思ってドヤ顔で膝を打って来たポケモンをドヤ顔で空かせる。また、Dが120あり、チョッキを持たせることで、高い特殊耐久を持ち、グロウパンチの起点にして先制技で封殺することもできる。元の遅さと先制技によるタイプ変更がメインのトリッキーな戦い方ができ、とても楽しい。

 

そして、このパーティでレート1600を達成した時に気づいてしまった。

 

ハッサム軸で組んだらめちゃくちゃ強いじゃん」

 

と言うわけで、選出率の高かったハッサムユクシー、コケコを残し、マスコットともふもふ枠をカプ・テテフバシャーモに変更した。

 

残りの二匹の紹介

 

バシャーモ@岩Z
陽気ASぶっぱ

守る ストーンエッジ フレドラ 飛び膝蹴り

これも普通に強い。前述の某実況者も言ってたが、岩Zとバシャのタイプのシナジーが優れ、甘えた飛行、炎などの馬車が苦手とするタイプに複合されてる方のタイプに刺さる。このパーティのマンダ対策でもある。

 

カプ・テテフ@拘り眼鏡

臆病なCSぶっぱ

 

サイコキネシス 10万ボルト ムーンフォース シャドーボール

 

パーティを変えてから選出1位。てかテテフハッサムバシャ、ハッサムテテフバシャしか選出してない気すらしてきた。

ハッサムとはアンチシナジーになるが、バシャーモは先制技が効かないのが加速によって上がる素早さとマッチしている。

持ち前の火力の高さを眼鏡で強化し、サイキネだけうっとけば相手のパーティを半壊させられ、またコケコやレヒレなどからフィールドを取り返せるのも強い。めざ炎が欲しいところではあるが、技スペースがない。

 

以上のパーティで、今回の最高レートが1650程度であり、最終レートは1600かギリギリ落ちたかくらいである。

 

ウルトラサンムーンを買う前に卒業制作をやるので、買うのは早くて12月半ば、遅くて2月くらいになります。

 

あと最近野良ととってゲームが気になってるので、それもやりたいと思います。

 

それでは、長くなりましたが、ここまで読んでくれた方はありがとうございました。

特に理由なくマスターみやびくんについて考えてみた

 

朝でも夜でもおはようございます?

 

どーもみやびです。

 

今回は「FGOの最初に来た☆5が聖杯戦争やったらくる鯖」みたいなついっとに影響されてそんな感じのことを考えていこうかなぁと思います。

 

実際、ステイナイト鯖はセイバー(アルトリアペンドラゴン)とギルガメッシュ以外☆5鯖じゃない、Apocrypha鯖もヴラド(聖杯大戦では槍)ジャンヌ天草モードレッドくらいしか☆5が居ない上に、アーチャーの語源を作ったとされるアーラシュは☆1なんてレアリティなので眉唾物なんですが。

 

アーラシュはステラが悪いんですかね…種火周回でお世話になってますけど。

 

で、とりあえず俺氏が最初に引き当てた☆5がオリオンなんですよね。

 

f:id:miyabi2085:20170906034937p:image

 

高ランク鯖としては、リセマラのデオン、事前登録のセイバーリリィ、AUOプレゼントのエミヤに続いての、初めてまともにガチャで当てた高ランク鯖になります。

 

てか、その前にジル(術)いるの面白過ぎでしょ(分かる人はわかるネタ)

 

で、何が触媒となって召喚されたのかと考えても全然思いつかないんですよね。

 

お札配られたし引いてみるかみたいな軽いノリで回したら、丁度お月見イベントピックアップでオリオン出てきて、そのまま現在まで主力で戦ってきてます。

 

で、聖杯戦争でオリオン実際に引き当てたらどうなるんでしょう。

 

英霊の格としては最上級でしょうけど、多分扱いきれないでしょうね。

 

単独行動のスキルも持ってるしマスターが轟沈してからオリオンとアルテミスがてんやわんやしそうな感じしかしないです。

 

実際に召喚するなら気の合う英霊が良いですよね。

 

ライダー金時とか良さそう。全く育ててないけど。

 

寝る前の微妙なテンションでゆるふわと書いてみました。

 

ではおやすみ。

 

 

SM4シングル構築〜YAN1〜

 

朝でも夜でもおはようございます?

 

どうもみやびです。

 

今季のレートは150戦くらい回して勝ち越しが2、レートは1600いかないくらいでフィニッシュしました。

 

ぼくがレート1600を安定して保てていたシーズン1が懐かしいですね。

 

今回はポリクチに色々使いたい子を詰め込んだパーティを組んでいきました。勝率は5割をちょこっと超えたあたりですがまぁ良くやったと思いましょう。

 

今回のシーズンの感想を一言で言うと、やっぱりアブソルがNo.1!です

 

以下パーティ紹介

 

アブソル@襷

陽気ASぶっぱ

 

じゃれつく

はたき落す

不意打ち

馬鹿力

 

相棒枠。NNアルカディアの色アブソル。今回は特に奇襲はせずに普通に襷を盾にして殴る感じのアブソルです。

アブソルの存在自体が奇襲性が高く、変な物理受けとアブソルより速い先制持ち、テテフ、メガガル以外には対面から1匹以上を倒せるという素晴らしいポケモンです。

あとはサイコカッターが欲しい場面が多々あった、そこは要検討で。

 

カプ・コケコ@電気Z

せっかちASぶっぱ

 

ワイルドボルト

とんぼ返り

ブレイブバード

 

高速アタッカー兼ガッサ、一応テテフ対策。

何故雷かと言われると物理受けに可能性残せるのと麻痺ワンチャン運ゲ狙いです。

振ってなくてもある程度のダメージがフィールドで期待でき、特殊偽装もできるのでまぁまぁ有用かなぁと(実際は2発くらいしか打ってないので他の技でいいと思う

 

ラティオス@ドラゴンZ

臆病CSぶっぱ

 

流星群

サイコキネシス

波乗り

 

後述のクチートの補完要員として。あと上3匹を裏選出として一人一殺で勝つなんてヤンキープレイもしたりしました。基本的にコケコと同時選出になるとZは抱え落ちしてコケコの電気zを打ちます。

 

ポリゴン2@輝石

図太い(?)HBぶっぱ

 

トリックルーム

冷凍ビーム

自己再生

 

トリルスターター兼受け要員。技構成は電気と氷の相性補完の良さからこれに。特性でCがあがればなお強い。相手にゲンガーやらテテフ、ギルガルドを出されることが多かったため、雷はシャドボでも良いかなぁと思ってます。

 

ノワール@オボン

図太いHB

 

トリックルーム

痛み分け

呪い

地震

 

トリルスターターその2兼膝空かし要員。ミミッキュで良いとか言わないで。

BDがお化けだが、輝石ポリ2の方が高速回復技と攻撃汎用性とがあるためあまり出られなかったが、痛み分けでちまちま削ったり、呪いでトリルを張りつつ相手の積みアタッカーを流して自主退場したり、パーティに地面技持ちがいない為に適当に地震を打ったりと便利だった。選出率は低い模様。

 

クチート@メガ石

勇敢HA

 

アイアンヘッド

じゃれつく

不意打ち

岩雪崩

 

今パーティのエース。メガ前なら威嚇もまける。すごい。岩雪崩が珍しい気もするけど、このパーティだとリザが重いのでトリルターンを無駄にせずにとっとと倒したい+トリル下で上から殴って怯み狙い(アイへでやれ)などで採用。割と使い勝手は良かったです。不意打ち最高火力は強い。

 

以上が今回のレートでの主なパーティです。

 

このパーティの欠点としては、まず炎技がないのでナットレイやらの鋼系+電気半減以下がキツイのと舞う隙を与えやすく、そいつらの処理に困ること、馬車やフェアリー系が重いことなどです。

 

次回はこのパーティを使いつつももうちょい役割破壊等を仕込み†レート1500代の闇†を見せていきたいと思ってます。

 

ここまで見てくださった方、ありがとうございました。