読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サブマリナーは160km/hの夢を見るか

野球やらアニメやらについて語ります

湿布崇杯構築@2戦目

前記事の続きです。

ルールが特殊なんで一つ前の記事から主催の屋敷氏こページに詳細あるんで飛んでください。

2戦目はVSゆずき姫

はっきり言ってポケモン対戦においては苦手意識の塊。

最初に対戦したのは初めてポケモン大会に出たTFリーグの初戦で負け。
次に対戦したのはTwitterハンネ変更を賭けたぎっちょ杯の闇のデュエルで負け。
この時名前を「ゆずきの囲い」に変更される。(俺氏が勝ったら姫はみやびの囲いに変更してやろうと思ってた)
こんな感じで普段の言動ガバガバだけど大会だと滅法強い。

全く関係無いけど、ゆずき姫はちばちゃんの唐揚げ大バカでの唐揚げよっそいゲームの創始者です。
その現場に僕は居ました。

しかもデータがvsフロッシュ氏のban pickしかない。

野球だとセイバー厨の俺氏、発狂。

まぁそんなこんなでban pick

雅 姫

ban
バシャ バンギ
サナ 水ロトム
ギルガルド ギャラ
ライコウ キッス

pick
ガブ カバ
マンムー リザ
ジバコ ガルーラ
ユクシー シザリガー
エルレイド アロー
アブソル ゲンガー

とりま前回使えなかったポケモン使いたいって気持ちを全面に出したpickとなりました。

選出はジバコユクシーガブで相手がシザリガーガルーラゲンガー。(確か

ジバコで壁貼って、ユクシー出して、「さぁ、積んで殴るぞ!」って思ってた時、なんと…

ガルーラに瓦割りされました。

これによって俺氏パニック。

瞑想1積みユクシーサイコショックが目算でガルーラ乱数3で攻撃されたユクシーはミリ耐え。

とりあえずガブに引いて鮫肌ダメを稼ぎつつスカーフ逆鱗連打。

これでガルーラゲンガーを突破し、シザリガーをジバコが潰して勝利でした。

以下パーティ紹介

アブソル @メガ
陽気 Sメガ時ガブ抜き H252 残りB

はたき落とす 剣の舞
不意打ち じゃれつく

5姉弟一番末っ子の長男フウガきゅん。
耐久調整によってアローの珠ブレバくらいまでは余裕で耐える。耐久がある分、最悪素で舞える。基本は壁張って積んではたき落とすと不意打ちを連打する。馬鹿力でもサイコカッターでもなくじゃれつくなのは対悪とのミラーのためと上げた攻撃を落とさないため。

ジバコ@粘土 控えめCS

ボルチェン ラスカノ 両壁

前の試合でも使った個体。今回は壁要員。

ガブ@スカーフ
S135抜き A252 残りH

地震 逆鱗
岩雪崩 毒毒

前の試合でも使った個体。
言うまでもなく主人公。
ゆずき姫はガブ大好きイメージだから一巡目の先行pickで取りました。

ユクシー @ラム 図太いHBぶっぱ
サイキネ ショック
10万 瞑想

偽装積みアタッカー。素の火力が足りなくて1積みショックでガルーラ確定4なのは泣きそう。

マンムー@襷 意地ASぶっぱ

地震 氷柱落とし
氷の礫 ステロ

レートで使おうと思ったら過去産で使えなくなった不憫な子。主に壁構築で重かったガブやらランドやらを牽制しつつステロ撒いて場作りをする、なんて言うか便利屋。

エルレイド@メガ 意地HSぶっぱ

サイコカッター インファイト
リフブレ 地震

前回と同じ。対ガルーラに定評があるため、姫がガルーラpickした瞬間にpickが確定。
ファイアローがpickされた瞬間に置物に確定。つらい。

とりあえず、感想は壁をガルーラで割られてパニクった事に尽きる。

その後はスカーフガブが無双して勝つという、ガブがレートの1線をずっと生きてる理由を象徴するような試合。高いASをスカーフでブーストしてSの余りをHに振ることで元々高い耐久も上げ、物理アタッカーに対しては鮫肌スリップダメを喰らわせ一貫の取りやすい逆鱗を連打。はっきり言って弱い訳がない。あ、キッスさん、こっち見ないで。

とりまゆずき姫に大会初勝利できてよかった。大会前に「3タテすれば身も心も囲いになるだろ」とか不穏なこと言ってたから本当によかった。