読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サブマリナーは160km/hの夢を見るか

野球やらアニメやらについて語ります

SM1使用構築〜バンク解禁まだですか〜

 

ブログではお久しぶりです。みやびです。

 

今回は、TLで皆様あげられてるようなのでサンムーンの誰得記事を書いていこうと思います。

 

早速パーティ紹介を。

 

アブソル(NNざんげつ)@襷

ようきASぶっぱ

不意打ち

辻斬り

じゃれつく

サイコカッター

 

いつもの教え技解禁前のアブソルの姿ですね。今作ではガラガラがリージョンフォルムで出てきて炎ゴーストにタイプが変更。さらにフレドラ入手と強化と炎の少ない環境的にドンピシャで出てきました。

後述するコケコとカグヤ、フェローチェがこいつに当たるともうお亡くなりになるので襷を盾に後出ししてフレドラの反動と上からの辻斬りで倒すってのが前半戦での主な役割でした。

後半から入ったフライゴンに役目は譲りましたが、襷を活かした対面性能はそこそこ。何より相棒枠として居るだけで活躍させてやろうと集中力が上がり、後半戦では出した時の勝率は7割以上と勝利の女神(♂)っぷりを発揮してくれました。

 

テッカグヤ@チョッキ→オボン

呑気HBぶっぱA4

ヘビーボンバー

大文字

ギガドレイン

地震

 

今パーティの過労死枠。実に選出率90パーセント以上。

このパーティでは、まともに受けが出来るのがこいつしかいないため、必ずと言っていいほど2番手で選出されていました。

ガブを筆頭にした物理と苦手タイプ以外の特殊ならほぼ2発は耐えてくれ、1.5匹以上は倒したり、トンボ先からクッションにして3匹目を無償光臨から突破など戦略面でも要となるポケモンでした。

特筆すべきは対ミミッキュ性能。なんと剣舞された無限闇夜耐えます。返しのヘビーボンバーで体感ですが確定取れます。パーティに蜻蛉持ちが多かったので、蜻蛉→ヘビボンでミミッキュは怖いとは思わなかったです。

また、めざ氷がなくてもガブくらいならギガドレ連打でオボンを残して突破、最後にヘビボンで鮫肌貰ってオボン発動して2匹目以降を見る、ギルガルドを下から文字で落とす、耐久を活かして壁やフィールドなどのターンを稼ぐなど、数値がバランス良くある事を活かしてどんなところでも最低限以上の仕事はしてくれました。

あとやどみが型が多くて挑発撃ってこられるのはアド。

 

カプ・コケコ@飛行Z

せっかちASぶっぱ残りH

蜻蛉返り

ワイルドボルト

ブレイブバード

挑発

 

とりあえずレートがやりたかったから厳選妥協してせっかち、さらに実はSVじゃないとかいうコケコ。まぁ王冠あるし多少はね?

現環境では特殊型が多いですが、ウチでは物理で採用してます。理由は紙耐久だらけなのにサイクル戦が個人的に得意なのでサイクル中にフィールドが消えても最低限圧力をかけたかったため、Zブレバの役割破壊、蜻蛉が無効無しで威力をあげたかったなどがありますが、「何より意表が突ける」の一言で片付きます。

また、SVじゃなくても実数値196あったので同速以外ならば上が取れるため、最低限の役割が達成でき、不毛な同速対決に挑み、運ゲーで負けて精神ダメージを負う事がなかったため、むしろ良かったのでは?とも思っています。

基本運用は、キュウコンや補助技を使ってきそうなら投げて挑発から蜻蛉でカグヤに引いてフィニッシャーに。それか蜻蛉とワイボルで圧力をかけるサイクル戦です。

あとはフィールドで「眠らない」というのがZ催眠を使ってくるデンジュモクやらに刺さっているかなぁと思いました。デンジュモクに勝てるとは言ってない。

 

フェローチェ@命の珠

無邪気ASぶっぱH4

蜻蛉返り

飛び膝蹴り

冷凍ビーム

毒突き

 

対ポリ2、対カプ系へのパーティの回答。むしろこいつでしか前半は突破できなかった。

驚異的なACSと壊滅的なBDで「一撃喰らったら即死亡」みたいな感じの運用してました。先制技にも弱いです。ですが役割対象が基本先制技無いので良いかなって。スカーフは辞めて。

無振りコケコ、ブルルなら毒突きで確定が取れ、ポリ2も飛び膝撃てれば落とせます。また、対面でならマンダも冷Bで落とせるため、かゆいところに手が届く性能でした。

 

ここまでが前後半通して使用していたポケモンたち。次からは前半戦のみのポケモンです。

 

オニシズクモ@水Z

勇敢HDぶっぱA4

アクアブレイク

ミラーコート

吸血

熱湯

 

物理受けがカグヤなら、特殊受けはこいつや!と思って前半使用していたクモ。

特性すいほうによって炎半減、自分の水の威力は2倍と種族値の割には火力が高いものの、水以外の威力はお察しというポケモン。また、炎タイプが少なく、電気タイプが蔓延る現環境では、あまり選出機会がなく、後述のフライゴンに交代となりました。

バンク解禁後の環境で出てくるであろう馬車に対して強いのでは無いか?という意見が上がってますが、対カグヤなどでZ雷パンチを搭載する馬車が多そうなので、その煽りを受けて雷パンチで沈むのが目に浮かびます。はい。

 

ネッコアラ@スカーフ→チョッキ

意地っ張りASぶっぱ残りH

蜻蛉返り

恩返し

ウッドハンマー

地震→岩雪崩

 

今パーティのマスコット枠。高いADと蜻蛉を活かし、サイクル戦の要として使っていこうと思っていたものの、HBが低く、また、Sも高く無いため、一発入れた物理型に瞬殺されていったため、置物になっていき、フライゴンが入ってからはスカーフを没取され、ますます出場機会が減り、最終的には後述のテテフに交代となりました。

しかし、相手が特殊メインのパーティや、メインウェポンが毒毒、熱湯など状態異常に依存するポケモンになら、特性によって強く出れます。ちゃんと考察してあげれば強い子だとは思いますので、次以降のシーズンではまた別の型を作って持っていきたいと思いました。因みに、特性は状態異常にならない程度で、空元気で恩恵を受けたりはしないです。

 

ここから後半戦に入ってきたポケモンです。

 

フライゴン@チョッキ→スカーフ

ASぶっぱ残りH

竜の舞→岩雪崩

蜻蛉返り

ドラゴンダイブ→ドラゴンクロー

地震

 

上の持ち物と技構成を見ておかしいと思いませんか?最初、対電気、炎に地面が欲しかった為に現在使えるポケモンを確認していた時に、「フライゴン龍舞きたんや!これは使うしか無い!」と意気込んで育成し、「めざ氷受けても耐えられるように」とチョッキを持たせました。ここまではいい。そして、育成も終わり、いざレートで最初に出して、相手は残り2匹、こちらはラス1のフライゴン。「このルカリオは特殊型や!チョッキなら大丈夫!龍舞や!」と、意気込んで龍舞のボタンを押したところ、「とつげきチョッキを持たせているため、変化技は出せない!」と。はい。地震ルカリオ突破、ラス1も上から殴ってなんとか勝利しましたが、すぐに技構成を変えました、そしてチョッキを持たせるのも悲しかったため、スカーフに変更しました。結果的にこの型、コケコガブ対面で蜻蛉→地震で無償光臨→ドラゴンクローで宿敵ガブを粉砕。など相手がスカーフでなければ大抵のポケモンを抜いてるため、また、並以上の耐久があり、一致等倍くらいなら耐えられるので、普通に強かったです。ガブが強すぎるだけなんや…

 

カプ・テテフ@フェアリーZ→チョッキ

臆病CSぶっぱH4

サイコキネシス

ムーンフォース

シャドーボール

10万ボルト

 

普通に強い準伝説。めざ炎よりパーティで重いギャラ等に刺したかったために10万ボルトを採用。めざ炎厳選が面倒だったのは否定しない。最初は火力を求めてフィールド上のサイコキネシスと、フィールド無しでのZムーンフォースを撃っていく、という意図でフェアリーZだったのですが、普通にエスパーZかゴーストZの方が強いと思いました。チョッキは、主にコケコを受けて、サイキネで負担をかけていく、テテフミラーに強い、特殊なら多少相性が悪くても突っ張れる(サイクルの読み合いの試行回数を増やす)などの意図で持たせていました。主にはコケコ意識です。高いCとフィールドにより、サイキネが物凄い火力で飛んでいく(具体的には2倍のシャドボと等倍サイキネだとサイキネの方が約1.25倍の火力がある)のでサイキネだけうっとけば基本大丈夫な感じでした。

フェローチェがどうしてもいない時にポリ2を突破できるのはテテフだけ。みたいな状況が多々あり、後半にレートがそこそこ保てたのはこいつのお陰だと言っていいかと思います。

 

このパーティで、最高レートが1650前後、最終レートは多分1600乗ってるか乗ってないかだと思います。

 

このパーティは、「準伝、UBが3v以上確定なため、比較的楽な厳選でパーティを組む」というコンセプトだった為、受けのポケモンがカグヤしかいない、ギャラに積まれたらほぼ勝ち目が無い。などの欠陥が多々有りましたが、レート戦を楽しみ、5割以上の勝率をキープ出来ていたので、そこそこ満足でした。

 

来季はバンクが解禁され、oras時代の主力が帰ってくる(厳選が容易にできる)ので、バンギムドーやらトノグドラ、ペリグドラやら天候パや受けループ気味のパーティを使えたらなぁと思ってます。

 

ここまで付き合ってくれた方、ありがとうございました。またどこかで。